ビジネスメールの大切なポイント

>

TOとCCとBBの使い分けについて覚えましょう

TO・CC・BCCの使いわけを学ぶ

TOは、送信したい当の相手(返信を求めたい相手)のアドレスを書きます。TOに書かれて届いたメールは必ず確認しましょう。また、TOに何人か同時にアドレスを入力することも可能で、その場合同じメールを同時に送る事になります。
CCはカーボン・コピー(複写)の略です。一緒にそのメール内容の掌握や情報を共有しておいてもらいたい相手・参考に確認をしてもらいたい相手のアドレスを入れます。CCの人は原則的に返信はしません。TOの人が返信をします。
BCCはブラインド・カーボン・コピーの略です。お互いに面識のない相手に何名か同時にメール送信をしたい時や、他に受信者がいることを隠しておきたい時や、他の受信者のアドレスがわからないように送りたい時などに使います。BCCでアドレスを入れると、他の受信者には見えないため、情報を一斉に送信する際などにも使われる事が多いです。

ビジネスメールの書き方についてのまとめ

社会人なら必ず知っておくべきビジネスメールの書き方から送り方について、さまざま述べました。決まっているルールをもとに、形式や文面など気を付けるべきポイントがたくさんありました。再度確認をしてみましょう。
一番大切な事は、ルールは厳守の上で、相手にわかりやすく簡潔なメールを送ることを心掛けていきましょう。
メールというものは上手に使えば、ビジネスの発展や人間関係を円滑に進める事ができる大きなツールだと思います。ただ顔の見えないメールだからこそ、お互いの間にちょっとしたすれ違いが生じたりする事によって、誤解を与えてしまう事もあります。メールは丁寧に、簡潔に、そしてお礼でも依頼でも感謝の気持ちを上手に表現してメール送信をする事が大切です。